前へ
次へ

かなり一般的になったペット葬

かつては、ペット葬儀社を利用するのはごく一部の人というイメージがありましたが、現在ではかなり一般的となっています。その理由としては、まずペットも完全室内飼いにする家庭が増え人とペットとの距離が近くなったことがあげられます。それゆえ、より愛情を持って飼育し、家族同様の存在であるからこそ、葬儀も丁寧に行いたいと考える人が増えてきています。そして、ペット葬が利用される理由としては、住宅事情や衛生面での理由から、自分の土地であっても亡くなったペットを埋葬することが難しいということもあげられます。最近は、ペット葬儀社も増えてきていますが、トラブルを避けて良い葬儀にするためにも業者は慎重に選んでいきましょう。具体的な葬儀の方法は、火葬車が自宅まで来てくれることもありますし、自宅での火葬を希望しない場合は引き取って火葬や埋葬を行ってもらうこともできます。遺骨を残したい場合は個別に対応してもらうこともできますし、費用の負担を抑えるなら合同葬儀という選択もあります。

Page Top