前へ
次へ

ペット葬の準備を済ませる

遺影はどうするべきか、ペット葬でも飼い主にとって早々に選択しなければならないことが沢山あります。悲観的になれないことに後悔することを後々訴える飼い主も少なからずいらっしゃいますから、予期できないことではないペットの死は、生前に葬儀社から話を聞いておくのがおすすめです。臨終してから、ペットにも死化粧をしたり、体を清潔にしたり、火葬や土葬のためにペット霊園に予約を入れたり、やるべきことがあります。弔問するのは、ペットと縁のある人たちでしょうが、あまりペットの死に駆けつける親戚はいないでしょうから、飼い主のみがペット葬に携わることも間違いではありません。偲ぶ気持ちがあり、供養のために後日挨拶に足を運んでくれる人たち、ペットもいるでしょうから、とりあえず、喪に服す間は留守にせずに、お茶の用意はしておきましょう。遺影も葬儀社にお気に入りの写真を渡すことで加工してくれます。骨壺もおしゃれなデザインですし、祭壇もコンパクト化されていますが、装花で華やかな最期を演出することも可能です。

Page Top